【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 143現在の記事:
  • 18今日の訪問者数:
  • 22今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【実録】22時間で110人からレイプされた14歳少女 ― ギリシャ性奴隷・人身売買の実態

国連の調査発表によれば、年間約240万人を超える人身売買による被害者が世界各国に存在し、その被害者の70%以上が性奴隷として取引されている現状があるという。イギリスの「Daily Mail」紙のレポートによれば、今年25歳になるミーガン・スティーブンス(仮名)さんは、そういったセックス産業における人身売買の被害者として6年以上も強制的に性的暴行を受け続けていたことを、昨年出版された自身の回顧録で告白している。

■旅先でナンパされて恋が芽生え同棲生活へ
 金銭などの授受によって性行為が成り立つ、いわゆる「売春」が合法であるかどうかの法解釈の問題ではなく、たとえ金銭を受け取っての性行為でも、自らが望んでいない性奴隷としての行為はレイプ・強姦と同様であろう。
 ミーガンさんは、14歳のときにギリシャで性奴隷としての人身売買の罠にかかり、平均1日50人もの客をとらされ、多いときには22時間も連続で110人という人数を相手にさせられていたという。

■母親がいたのに… 悪夢のはじまり
すべてはミーガンさんが14歳のときに、母親と2人でイギリスからギリシャの海辺の町に観光に行ったことから始まった。ある夜、地元のバーでルバニア人のジャックという男にナンパされたミーガンさん。
 母親は、その若者のことを気に入っていたわけではないが、自身がそのバーのオーナーであるニコスという男とのロマンスに夢中で、ミーガンさんのことに特に注意を払っていなかったという。普段は母親として申し分のない人物ではあったが、いったんお酒が入ると問題だらけで、そのことが原因でミーガンさんが4歳のときに離婚となっているような母親であった。
 一方で14歳というミーガンさんの年齢を考えてみても、“恋に恋する”ようにジャックにのめり込んでいったことを想像するのは、そう難しいことではない。イギリスに帰る予定の日が来ても、自分たちのロマンスを楽しむことにしたのか、2人は滞在を延長することにした。滞在を延長して数日も経たないうちに、ミーガンさんはジャックからの愛の告白を受け、ますます彼の虜になっていった。
 と、同時にジャックはある告白をした。
 自分の母親が甲状腺がんを患っていて、そのための手術費用をなんとか工面したい
 とミーガンさんに打ち明けたのだ。

■彼のためにお金を稼ぐ
 ここで、普通なら何か怪しいと感じるのかもしれないが、まだ世間知らずの14歳。「彼氏に夢中」状態のミーガンさんはその言葉を疑うことなく、彼の言葉通りにアテネへ行き、2人でアパートを借り、勧められるがままにトップレスバーでダンサーとして働き始めることになる。
 「手術代がたまるまでの間の辛抱」と彼に言われ続け、自分も彼のために役に立っていると信じているミーガンさんは、帰国する日がきても何とか母親を説得し、ジャックとの生活を続けていくことを選んでしまったのである。

■強制売春と暴行がはじまる
しかし、母親が帰国して2週間後のことである。ジャックに連れられて入ったハンバーガー屋で、レオンという男を紹介され、前触れもなく「彼が今日からボスだ」と告げられる。札束と引き換えにミーガンさんはレオンに引き渡されてしまったのである。その後ミーガンさんは、ある法律事務所の一室に連れ込まれ、性行為を強要されることになった。窓のない部屋には三脚とビデオカメラがあり、ミーガンさんは自分が殺されると思って恐怖したという。この最初の性行為の後、レオンによる管理売春が始まったのである。
 ジャックは、お金を貯めて母親を救い、車と家を買って一緒に住もうと言い続けた。混乱と恐怖の中でミーガンさんは、その言葉だけが頼りだった。彼女はそれを信じるほかなかったのである。毎日、8~10人の相手をさせられるようになったミーガンさんは、そのころやっと初めてジャックと性行為をすることになったという。

■ジャックからの暴行が始まる 典型的なDV状態へ
 しかし、愛されていたいと思うミーガンさんの気持ちとは裏腹に、ジャックの態度は徐々に変わっていく。ある日お金の話でトラブルになるとジャックは激高、ミーガンさんをバイクで山中へ連れていき、殴る蹴るの暴行を加えて置き去りにしてしまう。
 数時間放置された後にジャックは戻ってくるのだが、こうした暴行と優しさの繰り返しのなかで、ジャックへの依存度はさらに高まっていったとミーガンさんは語る。そんななか、コンドームを使わない性行為が繰り返された結果、彼女はすぐに妊娠してしまうが、なんとジャックはミーガンさんのおなかを蹴って流産させる。そして、このころから暴行は恒常的なものへと変化していった。

■22時間連続で110人を相手にさせられる
 アテネでの6カ月の滞在の後、イタリアへ行き、そこでは街娼として客をとるように強制されたミーガンさん。やがて、ジャックはアルバニアに帰国することを彼女に告げると、代わりにエレックという男に稼ぎの半分を渡し、残りの半分をジャックに送金するように指示した。するとエレックは、置屋を用意し、5分で20ユーロという価格でミーガンさんに1日50人の客をとるよう告げた。いわゆる「ちょんの間」だと考えても、極めて厳しい数字を課せられていたことになる。ここで22時間連続で110人という人数を相手にさせられたこともあったという。
 このような生活のなかで、ついにミーガンさんは精神的にも追いつめられていき、自分で何かを考えることをほとんど止めてしまったと語っている。

■自殺という決断で、生を得る
 その後、クリストフという別のぽん引きに売られていったミーガンさんは、出張売春と置屋での売春を強制され続けていた。母親には笑顔の写真を送り、カフェで働いているとウソの手紙を書かされ、母親が彼女を探さないように仕向けられていた。
 しかし20歳のとき、とうとう彼女は自殺を試みてしまう。その治療のために約3カ月間入院することになるが、この入院がクリストフやほかの仲間たちから切り離された生活をミーガンさんに与え、これが売春生活から離脱するきっかけとなった。自殺を決意したことが、逆に生きるための光を与えたということである。
 今、彼女は26歳となり、パートナーの子どもを授かり出産を間近に控えている。普通の女性としての幸せをつかもうと努力をしているが、彼女に植えつけられた恐怖と混乱の記憶を取り除くことは簡単ではない。ネット上のSNSでは、いまだにジャックが彼女を探し続けて、引きもどそうとしている兆候を見つけることができるという。それでも、離脱できたミーガンさんは、数少ない幸運の持ち主だとも言えるのかもしれない。人身売買の闇は、それほど暗く深いものなのだ。


TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20198/21

【閲覧注意】ガソリンを盗もうとした100人が突然「焼死体の山」に…!

 タンザニアのウルグル山地麓に位置する都市モロゴロで今月10日、横転したタンクローリーが爆発する事故が起こった。燃料を盗もうとした88人が死…

【閲覧注意】殺したての妻の死体を抱きしめて泣くサイコパス夫が大ニュースに!

 米ニューヨーク市クイーンズ区で今月7日夜、ネイルサロン「Tu S’tilo Salon SPA」に勤務していたカルメン・アイリス・サンティ…

【閲覧注意】生きながら焼け死ぬ7歳少女が悲しすぎる!

今月4日、モロッコ・ラバト=サレ=ケニトラ地方のシディ・アラール・バラフウイの民家で、就寝中だった7歳の少女、ヒバさんが焼死する火災が発生し…

20198/16

【閲覧注意】人喰いザメに襲撃された男の末路がヤバすぎる!

米フロリダ州マイアミの東に位置するキー・ビスケーンで今月3日、ダイバーの男性がサメに襲われて負傷した。事故発生直後の様子を収めた映像が過激動…

【閲覧注意】デモに参加した男子高校生、警官に銃撃されて“顔面が無数の血の穴”状態に! 本人「もう死にたい」ベネズエラの現状

国民はデモによって改善を訴えるが、マドゥロ政権はそれらをことごとく弾圧してきた。中でも悲惨だったのが、先月2日にタチラ州で起きた弾圧である。…

ページ上部へ戻る